-

一般にはクレカの月ごとの限度額が自分がよく払う額より多めになっていると所有者は余裕だと勘違いして、あまり考えずにクレジットカードで払ってしまったりするようです。

そのようなカードの使いすぎを抑制するために使用できる最高額を事前に低く決めておこう・・・ということがこれから見る本文の主題です。

月ごとの限度額を引き下げる方法□使用カードの利用限度額を減らす手順は、月の利用限度額を上げる手順と等しく、すごくシンプルです。

クレジットカードのバックに載っている番号に電話をかけて、「利用限度額の引き下げをしたいです」というふうに担当者に向けて申請するだけです。

通常は現在の月の限度額よりも少ない上限であれば、込み入った調査なしで電話一本で限度額の引き下げが可能となります。

月の利用限度額を少なくしておくのは危険を避けることにも結びついている:月の利用限度額を引き下げておくことは、自分をセーブできる等の益以外に危険を避けることにもなります。

仮にだが、手元のクレジットカードが誰かの手に渡り偽造されるトラブルでも前もってクレカの限度額を厳しく設定しているなら危険を出来るだけ少なくするように可能だからです。

ここで言っておきたいのは、もしカードが偽造されてしまったとしてもクレジットカードの契約者に重大な違反がないなら、盗難保険と呼ばれるカード保険が支えてくれるから不安になることはないわけですが万が一のことを頭に入れておき、利用限度額は減額しておくと効果があるでしょう。

不必要な余裕は良いとは言えないことと言えます。

Category

リンク