-

民事再生という選択はマンション等のローンを含めた多重債務の問題に困っている利用者を念頭において住んでいる家を手放すことなく金銭管理の面で再生するための法的機関を通した債務整理の手順として適用された選択肢です。草花木果

民事再生は、破産のように免責不許可となる条件がないので、賭け事などで借金ができたのであっても選択可能ですし破産手続きが理由で業務停止になりかねない資格で生計を立てている方でも民事再生手続きはできます。アヤナス

破産の場合は、住居を保有したままにするわけにはいきませんし、任意整理等では、借金の元金は返済していく必要がありますのでマンション等のローンも支払いながら返していくのは実際のところ簡単ではないと思われます。ホワイトヴェール

でも、民事再生という手順を選択することができれば、住宅のためのローン以外の負債額は相当な額を減らすことも可能ですのである程度余裕に住宅のためのローンを払い続けながら残りの債務を払っていくことが可能ということになります。カニ通販年末年始

民事再生という選択肢は任意整理による手続きや特定調停といった手続きと異なり一定の借り入れを除外扱いして手続きを行うことは無理ですし、破産宣告の際のように借金それそのものなくなるのではありません。草花木果

それから、それ以外の解決方法と比べて処理がこみいっていて時間が必要ですので住宅ローンを組んでおりマンションを維持したい状況などを除いて破産申告のようなその他の整理ができない場合の最後に考える手段と考えた方がいいでしょう。

Category

リンク