-

自動車に乗っている人でしたら知っていると思いますが自動車税なるものが徴収されます。それで自動車税は、査定に出す所有車の売却の際に返還される税金なのです。これというのはちょっと自分でやるとすぐ頭に入ってくると思いますが、これから順を追って簡単に案内します。事前に記載するならば日本で作られている車のみに限らず外国の車などでも還ってくる範囲になってきます。当然ですが愛車などもそうです。自動車税という税金はクルマを持つ人が支払う税ですが、クルマの排気量の大きさ毎に決定されます。1リッター以下ならば29500円となり、1リッターから1.5リッターまでであれば34500円です。これからは500cc刻みで5000円増加していきます。また自動車税は4月1日現在ののオーナーが来年3月までの全額を納める定めとなっています。つまりは前払いになるので愛車を売ってしまって、所有権を手放したケースには前払いした分のお金は返還されるのです。自動車税というのは前払いで年度内の税額を納付しますので一年以内にクルマを手放した場合は、新たな所有者がお金の納付義務を負うということになります。買い取った相手が専門店なら引き取り時にあなたが前払いしている分の税額を返してくれます。まとめると所有権が移った時より後の自動車税は入れ替わった所有者が払わなければなりません。例えばあなたが10月に自動車を売ったのであれば、11月以降次の年の3月の間までの税額は還ってくるのです。というのも、前述の通り自動車税という税金は一年分を先に支払っているという決まりから来ています。つまり売却者は売却相手に払いすぎたお金を返してもらうということです。個人的に愛車を売買する場合、意外とこのようなことに気づかない方が多くいるため、ぜひ忘れないようにしてください。自動車税という税金は自動車を売った際に戻ってくるという事実を意外と知っている人がいない事を利用してそれを説明しない買取業者もいるのです。こちらから税金についての話題を出さなければ、全く自動車税のことについて触れないという場合も頻繁に見受けられます。そのため車の売却をする時には、払いすぎた税金が返金されるのかどうかを聞くことをおろそかにしないようにしてください。

Category

リンク